お家で焼肉大丈夫?煙!困っていませんか?
煙が気にならない焼肉プレート
NEWマーブルコーティング
持ち運びにも便利
お手入れラクラク「独立式」
余分な脂は受け皿に!

ブリスケ

やや硬めの肉質ではあるが、噛めば噛むほど深い味わいに。

三角バラの下側、両前脚のつけ根の間に位置するブリスケ

一般的には煮込み料理で使用されることが多く、焼肉店ではほとんど見ることはない。

しかし、広島県などではコウネの名で広く焼肉店に置かれている。

脂を完全に除いて赤身だけを提供する店もあるが、肉への愛と技術がなければ到底できない。

呼吸するたびに動く部位なので筋肉が発達しているため比較的硬く、筋っぽい。

サシはほとんどないが、凝縮された赤身の滋味深さを味わえ、旨みが噛むたびにあふれ出す。

おいしい焼き方と食べ方

焼き過ぎると硬くなってしまうので、レアで焼く。

脂がついている場合は脂の部分を押し付けて好みの量に。

肉の味を感じられるよう、塩胡椒かわさび、おろしポン酢で。

おすすめ記事

ハツ

女性にうれしい栄養価が豊富でサクサクと歯切れがよい部位。 牛の心臓で、英語で「ハート」がなまったものだという。 成牛では重さが2kgほどにもなる。 赤身のまわりにある白い…

カイノミ

バラ肉なのに脂っぽさが少ない。数回噛んで、とろける驚きあり! あばら周辺の肉を総称してバラ、韓国語ではカルビと呼ばれる。 体の内側にあたる部分を中バラと言い、カイノミはそ…

友三角

サシがしっかりと入っていながら赤身の深いコクを堪能できる。 しんたまの端にあたり、シンシンの外側についた肉を友三角という。 その名は形状が三角形であることから由来する。 …

シンカブリ

脂身と赤身のバランスがよく、まくらと同様に深みのある味。 しんたまにかぶるように位置している。 名前の由来はそのままである。 赤身と脂身の部分があり、そのバランスは絶妙な…