お家で焼肉大丈夫?煙!困っていませんか?
煙が気にならない焼肉プレート
NEWマーブルコーティング
持ち運びにも便利
お手入れラクラク「独立式」
余分な脂は受け皿に!

センボン

ほとんど取れない希少部位を噛んで噛んでゼラチン質を楽しむ!

センボンは外ももの一部でハバキの中心部に入っている部位。

1頭の牛からたった2本、500~600gしか取ることができない超希少な肉で、名は千本もの筋でできているように見えることから由来する。

筋っぽい名前からは想像もできないほど肉質はやわらかく、歯応えを感じるのはひと噛み目だけ。

ゼラチン質が豊富に含まれ、旨みは濃厚。

焼肉店で見かけることはほとんどなく、煮込むとトロトロの食感になることから通常は煮込み料理に使用される。

おいしい焼き方と食べ方

ゼラチン質を溶かすよう、火をしっかり通したミディアムに。

粘り気のある歯応えになる。

ただし焼き過ぎないこと。

塩ダレとの相性がよい。

通はわさび醤油をチョイスする。

おすすめ記事

ランプ

脂が苦手な人の強い味方!赤身の旨みを味わうならここ。 腰からお尻にかけての部位で、サーロインの隣に位置する。 ほどよくサシが入ってやわらかく、後ろ脚を動かす筋肉とつながっ…

タン

細かく部位が分かれているので好みの部位を探すのも面白い。 牛の舌。 タンは1頭から1~2kg取れ、その長さは約50cm。 先端からタン先、タン中、タン元、そして下側にある…

リブロース芯

色、ツヤ、霜降り具合など全てが一級品の激ウマ部位。 リブロースとは「肋骨の背肉」の意。 サーロインと並ぶ高級部位であり、そのリブロースの中心にあるのがリブロース芯だ。 キ…

肩ロース / ロース(豚肉)

赤身肉らしい歯応えでしっかりコクのある味 肩ロースは、肩から上腕部をさす。 サシが入っているのが特徴で、味はコクがあって濃厚。 キメは若干粗く、少々筋っぽくて硬いが、肉本…

豚バラ / タン(豚肉)

脂たっぷりで、様々な調理法でも美味しい 豚の腹側にあるあばら骨まわりの肉で、ベーコンやラードが作られた部位。 赤身と脂が3個になっていることから三枚肉とも呼ばれ、骨付きの…