お家で焼肉大丈夫?煙!困っていませんか?
煙が気にならない焼肉プレート
NEWマーブルコーティング
持ち運びにも便利
お手入れラクラク「独立式」
余分な脂は受け皿に!

ハツ

女性にうれしい栄養価が豊富でサクサクと歯切れがよい部位。

牛の心臓で、英語で「ハート」がなまったものだという。

成牛では重さが2kgほどにもなる。

赤身のまわりにある白い脂の層がついた状態で切ったものはアブシンと呼ばれハツの中でも最上級のものである。

またハツのヘリから出ている血管や大動脈をハツモトという。

ハツは適度な脂で臭みもなく、好き嫌いが分かれにくい味だ。

筋繊維が細かいのでサクサクと歯切れがよく楽しい食感。

ビタミンB1、B2、E、タウリンが多く含まれ、美容効果も高いので女性にすすめてみよう。

おいしい焼き方と食べ方

レアで焼く。

脂がついている場合はミディアムレアだが、焼き過ぎない方が食べやすい。

塩ダレかレモンで味付けるか、味噌ダレにバターを混ぜて食べても美味しい。

おすすめ記事

ギアラ

4つある胃のうち唯一の消化器官!上品な味わいを持つ第4胃 ギアラは牛が持つ4つの胃のうち、第4胃をさす。 胃袋(消化器官)としての役割を果たすのはこのギアラのみである。 …

イチボ

独特のクセをもった部位だか、味付けを工夫すれば楽しめる。 ランプの隣に位置し、お尻の骨周辺の肉をさす。 ランプとともにランイチとすることもあれば、総称してランプと呼ばれる…

肩三角

霜降りにはない歯応えで肉ファンを唸らせる味。 肩から前脚上部をさし、別称のクリは形が栗に似ていることから由来する。 よく動かす部位なので発達した筋肉をもち、脂肪は少なめ。…

ナカニク

外ももの中ではやわらかめで脂肪がほとんどなくヘルシー。 外ももの中で最も外側にあるのがナカニク。 よく動かす部位なので脂肪分は少なく、歯応えは弾力があって硬めでキメも粗い…

シンカブリ

脂身と赤身のバランスがよく、まくらと同様に深みのある味。 しんたまにかぶるように位置している。 名前の由来はそのままである。 赤身と脂身の部分があり、そのバランスは絶妙な…