お家で焼肉大丈夫?煙!困っていませんか?
煙が気にならない焼肉プレート
NEWマーブルコーティング
持ち運びにも便利
お手入れラクラク「独立式」
余分な脂は受け皿に!

亀の子

噛み締めるたびに深いコクが出る!亀の甲羅のようなユニークな部位。

しんたまの一部。

シンシンを包むように位置する。

その形が半球形で亀の甲羅に見えることからこの名がついた。

肉質はキメが細かくサシはほとんどなくて脂肪分は少ない。

少々弾力のある歯応えで、とろけるような食感はないが、簡単に噛み切ることができるので硬そうな見た目を思うとやわらかく感じる。

噛むごとにぎゅっと詰まった赤身肉の旨みがにじみ、深いコクがありながらもさっぱりしている。

焼肉のほか、たたきやローストビーフにも向く。

おいしい焼き方と食べ方

焼き過ぎると硬くなってしまうので、レアで焼くよう目指す。

ほぼ赤身でできた部位であることから、旨みの強さを生かしてわさびかおろしポン酢で食べるのがオススメ。

おすすめ記事

センボン

ほとんど取れない希少部位を噛んで噛んでゼラチン質を楽しむ! センボンは外ももの一部でハバキの中心部に入っている部位。 1頭の牛からたった2本、500~600gしか取ること…

カイノミ

バラ肉なのに脂っぽさが少ない。数回噛んで、とろける驚きあり! あばら周辺の肉を総称してバラ、韓国語ではカルビと呼ばれる。 体の内側にあたる部分を中バラと言い、カイノミはそ…

フカヒレ

リブロース芯に巻き付いた濃厚でジューシーな希少部位。 リブロース芯を巻き込むように位置し、別称のマキはそこから由来。 ほぼリブロースとして一緒に切られてしまうため、フカヒ…

リブロース芯

色、ツヤ、霜降り具合など全てが一級品の激ウマ部位。 リブロースとは「肋骨の背肉」の意。 サーロインと並ぶ高級部位であり、そのリブロースの中心にあるのがリブロース芯だ。 キ…

ハチノス

見た目に驚くが、さっぱり味で弾力のある噛み心地がクセになる。 ハチノスは牛が持つ4つの胃のうち、第2胃をさす。 見た目からも分かるように蜂の巣にそっくりであることから由来…