ミノをも超える?隠れた逸材!ミノサンド

ザクザク食感と脂のスープを一緒に!

ミノの中でも脂が挟まっている場所だけを取り出したのが「ミノサンド」。

ミノ特有の心地よい食感の間にたっぷりサシが詰まっており、脂の味わいは濃厚&とろ~りタイプ。

肉汁に微かな塩味もあり、それらが舌の上でねっとりと広がる。

ミノよりもやや希少で、ツウの中にはミノサンド派も多いようだ。

「ミノは大好きだけど、やっぱり別にジューシーなお肉も!」という人には、1度に2種類の「うまい」を楽しめる「ミノサンド」がおすすめだ。

目利き

ミノと同様に、分厚くてどっしりしたサイズのほうが柔らかくて上質だ。

おすすめの焼き方

じっくりあぶり黄金色に仕上げる。

クセはやや強めで生肉の匂いが残りがちなため、中まで焼くこと。

火が通っても脂が落ちないため、じっくり待って表面が黄金色になったら食べごろだ。

濃い脂を楽しむなら塩だ。

豆知識

ソーセージを「ウインナー」と呼ぶのは、かつてオーストラリアのウィーンでつくられていたから。

おすすめ記事

官能的な脂で悩殺!ダイチョウ

脂の柔らかさと濃厚な甘みに驚嘆 豚のショウチョウと並んで「モツ」の代表格と名高い大腸の部位。 牛の大腸のことをテッチャンと呼ぶことから「豚テッチャン」の異名を持ち、開かず…

サーロインと並ぶWエース!リブロースは希少な部位

豪華さと繊細さの完璧なバランス サシや色はもちろん、カットのサイズからは店の情熱や懐の深さをうかがえる。 サーロインに隣接し、より分厚く、よりサシの入りやすい高級な部位。…

【焼肉】ツウをうならせるいぶし銀!シンシン

赤身の旨みこそ、大人の焼肉の醍醐味 内ももの一部である丸い肉「しんたま」。 そのさらに真ん中にある塊のことを、『しん(シン)たまの芯(シン)』という意味から「シンシン」と…

親しみやすいリブの御曹司!リブキャップ

霜降りなのに意外なほどスッキリ サシは入りやすいので細かさに注目。 全体的に濃いピンク色なら文句なしだ。 その名の通り、リブロースの上にカブる「帽子」のような部位。 リブ…

NYから来たドライエイジングビーフ「Wolfgang's Steakhouse」

ステーキの本場アメリカで絶大な人気を誇る「Wolfgang’s Steak-house」をご存知だろうか? 世界でも食通を唸らせてきたこの味がついに日本でも食…