ミノをも超える?隠れた逸材!ミノサンド

ザクザク食感と脂のスープを一緒に!

ミノの中でも脂が挟まっている場所だけを取り出したのが「ミノサンド」。

ミノ特有の心地よい食感の間にたっぷりサシが詰まっており、脂の味わいは濃厚&とろ~りタイプ。

肉汁に微かな塩味もあり、それらが舌の上でねっとりと広がる。

ミノよりもやや希少で、ツウの中にはミノサンド派も多いようだ。

「ミノは大好きだけど、やっぱり別にジューシーなお肉も!」という人には、1度に2種類の「うまい」を楽しめる「ミノサンド」がおすすめだ。

目利き

ミノと同様に、分厚くてどっしりしたサイズのほうが柔らかくて上質だ。

おすすめの焼き方

じっくりあぶり黄金色に仕上げる。

クセはやや強めで生肉の匂いが残りがちなため、中まで焼くこと。

火が通っても脂が落ちないため、じっくり待って表面が黄金色になったら食べごろだ。

濃い脂を楽しむなら塩だ。

豆知識

ソーセージを「ウインナー」と呼ぶのは、かつてオーストラリアのウィーンでつくられていたから。

おすすめ記事

正肉を凌駕する存在感!カシラ

ゼラチンが交差する低カロリーの赤身肉 文字通り頭部の肉。 全体的に脂は少なめだが、焼肉に使用されることが多い「ほほ」の部位は比較的脂が多い。 肉質はかためで、ひと噛みする…

豚モツ界の大黒柱!ハツ

肉厚でコリコリ!滋味深い定番モツ 牛の3分の1ほどしかない豚の心臓。 名前の由来は、心臓を意味する英語「hearts(ハーツ)」から。 豚モツの中では、他の部位に比べてク…

赤身と脂肪の三段攻撃!豚バラ

柔らかな脂身からほとばしる甘み 柔らかな脂と肉質で、豚肉の中で最も甘みを感じられる部位。 あばら骨まわりの肉で、牛肉だとカルビの部位に相当。 赤身と脂身が交互に三層ほどに…

カットで分かる、冷凍肉の見分け方

食通に言わせると肉は冷凍保存しない方が美味しいそうだ。 肉自体の香りや旨みが薄くなる、張りが失われるなどが理由だそう。 では、一般の消費者が冷凍した肉かどうか見分ける方法…

焼肉界の気高きナイト!サーロイン

悶絶レベルの柔らかさに舌鼓 ランクの高い牛の場合、きめ細かくしっかりしたサシを確認することができる。 その肉質の素晴らしさから、イギリスのナイトの称号「サー」が与えられた…