【焼肉】牛の部位ブリスケは広島ではコウネという呼名が一般的

サンカクバラの下側で、ちょうど牛の両前脚の間にあたる部位。

肉質は硬く、サシはほとんど入らない。

ただし凝縮された赤身の滋味深い味わいがあり、噛めば噛むほど旨みが染み出てくるような肉だ。

通常はシチューなどに使われることが多く、焼肉店ではあまり見かけない。

ただし広島などでは「コウネ」という名でたいていの焼肉店に置かれている。

外側についた脂の塊ごとスライサーで薄く切って供されるのが定番スタイルだ。

また韓国料理店で「チャドルバギ」の名で提供されているのもこのブリスケ。

こちらも同じように薄くスライスされている。

どこかで見かけたらオーダーしてみよう。

ブリスケ(別称 コウネ)の特徴

両前脚の間にあたる部位
肉質は硬め、脂が塊で付いている
広島などでは「コウネ」という名でポピュラー

おすすめ記事

自慢のふんわりヒップ!ランプ

赤身の中の赤身から肉のパワーをもらう ポイントは赤身につやがあり、小豆色をしていること。 サシがあればなおいい。 赤身が集まるもも肉の中でナンバーワンの柔らかさを誇るのが…

霜降りの最終兵器、襲来!マキ

脂の概念が覆る、なめらかな味わい 周囲のスジを取る必要があるため、職人の技量が表れる。 分厚いとより◎。 まず、巨大兵器のようなたたずまいの生肉に目を奪われてほしい。 「…

直球系の頼れる兄貴!ガツ

上ミノに相当するジューシーな旨み 牛と違って一つしかない豚の胃袋で、豚レバーと並んでモツ料理に欠かせない定番部位。 くさみが少なく淡泊な味わいなので、モツが苦手な人も食べ…

ツウをうならせるいぶし銀!シンシン

赤身の旨みこそ、大人の焼肉の醍醐味 内ももの一部である丸い肉「しんたま」。 そのさらに真ん中にある塊のことを、『しん(シン)たまの芯(シン)』という意味から「シンシン」と…

牛スジファンに朗報!焼けるスジ肉!!ハラミスジ

焼くほどトロトロ!スジの旨みが増す 牛の横隔膜を形成するハラミとサガリ。 2つの部位を分けているスジのことを「ハラミスジ」という。 通常、牛スジといえば煮込みやシチュー用…