タンに隠れた、もう一人の伏兵!タンシタ

しこしこうまうま!タンと正肉の融合

名前の通り、タンの下側にくっついている部位のこと。

タンなのに正肉のようなサシが入っているのが特徴だ。

肉質はとても柔らかく、繊維から染み出す旨みは焼肉全体の中でもトップレベル。

タン本来のちょっとした弾力もあり、「まるで正肉なのに噛み心地はしこしこ」という独自の味わいを生み出している。

稀少度は低いが、メニューにないお店も多い。

目にしたら是非、タンと一緒に頼んで食べ比べをし『しこしこ』と『うまうま』にしびれてほしい。

目利き

サシがしっかりと入っているのを確認。

『肉感』をより濃厚に楽しめる。

おすすめの焼き方

タン同様に両面にしっかり焼き色をつける。

繊維がしっかり入っているので、火が通ると身が縮んで丸くなる。

あふれ出る脂を守るように早めに返す。

少し赤みが残るくらいで丁度いい。

塩や、タンと同じごま油でいただく。

豆知識

大塚愛の曲に焼肉をテーマにしたものがある。

その名も『黒毛和牛上塩タン焼 680円』。

タンシタを楽天市場で探す

おすすめ記事

鮮度が命の人気ホルモン!ハツ

独特の食感は最高の酒の肴になる 牛のランクに左右されずに、『鮮度』がその味を決めるといっても過言ではない部位が心臓「ハツ」だ。 1頭から2kgほどの量が取れて、価格は比較…

ヘレとはヒレというさっぱりとした赤身なのにふわりと柔らかな部位の別称

牛の腰の奥のほう、脊椎の下部に沿っている細長い部位。 ほとんど動かさない筋肉なので赤身なのに非常に柔らかく、クセがまったくないさっぱりとした味わいはこの部位ならではのもの…

肩ロース芯とは肩芯というリブロースに近い肉質の霜降り肉な部位の別称

ザブトン(別称 ハネシタ)の上部に位置する肉。 ロースという名称は牛の背中側の肉全体につけられているものだが、そのうち一番首に近いのがここだ。 ここからお尻方向に向けてリ…

どこを切っても同じ形!?ホテルで食べるヒレ肉の謎

高級部位のヒレ肉を食べる機会といえば思いつくのがホテルでの披露宴などではないだろうか。 コース料理のメインディッシュとしてうやうやしく登場する柔らかなフィレステーキがそれ…

トンビとはトウガラシという赤肉の旨味を凝縮したような味わいな部位の別称

かた(うで)の一部で肩甲骨の近く、ミスジの隣に位置する部位。 名前の由来は部位の形がトウガラシに似ているところから来ている。 サシがあまり入らない見た目からも分かる通り、…