タンに隠れた、もう一人の伏兵!タンシタ

しこしこうまうま!タンと正肉の融合

名前の通り、タンの下側にくっついている部位のこと。

タンなのに正肉のようなサシが入っているのが特徴だ。

肉質はとても柔らかく、繊維から染み出す旨みは焼肉全体の中でもトップレベル。

タン本来のちょっとした弾力もあり、「まるで正肉なのに噛み心地はしこしこ」という独自の味わいを生み出している。

稀少度は低いが、メニューにないお店も多い。

目にしたら是非、タンと一緒に頼んで食べ比べをし『しこしこ』と『うまうま』にしびれてほしい。

目利き

サシがしっかりと入っているのを確認。

『肉感』をより濃厚に楽しめる。

おすすめの焼き方

タン同様に両面にしっかり焼き色をつける。

繊維がしっかり入っているので、火が通ると身が縮んで丸くなる。

あふれ出る脂を守るように早めに返す。

少し赤みが残るくらいで丁度いい。

塩や、タンと同じごま油でいただく。

豆知識

大塚愛の曲に焼肉をテーマにしたものがある。

その名も『黒毛和牛上塩タン焼 680円』。

タンシタを楽天市場で探す

おすすめ記事

チョウ軍団の若頭!ショウチョウ

旨みをとじ込める歯ざわり豊かな皮 豚の「ホルモン」「モツ」というと、一般的に小腸を指す。 歯ごたえのある食感で、噛むたびにとろっと旨みがあふれてくる。 大腸に比べて脂は多…

焼肉店の本気が見える部位!ヤン

食感と旨みに酒が止まらない! なかなか希少なこの部位。 煮物などに使われる第3胃「ハチノス」の左右についているほんの少しの部位を指し、取れる量は1頭からわずか50g程度。…

唯一無二な孤高のヒーロー!ヒレ

さらりと華やか脂の花吹雪 柔らかいお肉の代表格といえば「ヒレ」。 サーロインとカルビの間、ちょうど体の中央にありほとんど動かすことがないため、抜群の柔らかさを誇る。 量も…

誰もが知るホルモンの代名詞!シマチョウ

上質脂のサラサラスープを一口で! 牛の大腸で、ピンクの皮に縞模様が入っているのが「シマチョウ」。 「テッチャン」の名でも有名で、一般的にホルモンというとこれを指すことが多…

お肌を潤す救世主!豚足

焼いてもおいしい!香ばしさで食欲増進 ゼラチン質でお肌にうれしいコラーゲンがたっぷりの部位。 骨と爪以外はすべて食べられる。 ボイルしてそのまま食べることが多いが、皮にこ…