ラムとはランプという適度なサシと赤身の濃厚な旨みな部位の別称

牛の腰からお尻にかけての部分。

ランプの英語名は「Top Sirloin」。

英語名から察しがつくかもしれないが、高級肉の代名詞であるサーロインからつながっている部位である。

従ってももに分類される肉でありながらも適度にサシが入る滑らかな肉質を持ち、かつ赤身の良さも同居しているので、濃厚でいかにも肉らしい味わいと歯ごたえが楽しめる。

派手さはないが脂が多すぎるのが苦手な向きからはむしろこれくらいがちょうどよいという声も聞こえるほどだ。

焼肉はもちろんステーキでも人気の部位。

いずれの食べ方でも厚切りがこの肉の魅力を最もよく引き出してくれる。

ラム(ランプ)の特徴

サーロインとつながるお尻部分の肉
適度なサシともも肉の赤身が同居
ステーキなどでも人気を誇る部位

ラム(ランプ)を探す

おすすめ記事

上質なカルビの兄貴分!カイノミ

濃厚&さっぱりで箸が止まらない カルビの中でも上カルビとして出されることも多い部位。 おなか辺りのカルビ「ともバラ」の上部にあり、柔らかい部位として知られるヒレに隣接。 …

豚モツ界の大黒柱!ハツ

肉厚でコリコリ!滋味深い定番モツ 牛の3分の1ほどしかない豚の心臓。 名前の由来は、心臓を意味する英語「hearts(ハーツ)」から。 豚モツの中では、他の部位に比べてク…

チョウ軍団の若頭!ショウチョウ

旨みをとじ込める歯ざわり豊かな皮 豚の「ホルモン」「モツ」というと、一般的に小腸を指す。 歯ごたえのある食感で、噛むたびにとろっと旨みがあふれてくる。 大腸に比べて脂は多…

もう箸休めなんていわせない!センマイ

食べて仰天!プリプリ食感の虜に 怪獣のようにぬらぬら黒く、細かい突起で覆われた焼肉の異端児が、第3胃「センマイ」だ。 別名「雑巾」とも呼ばれるビジュアルと、ただただ食感を…

焼肉界の名スターター!タン

秀逸な口当たりが次の肉を呼ぶ 「タン」は「最初の一皿」としておなじみ。 その理由は、強い旨みながらペロリと食べられる秀逸な口当たりにある。 最初にタンを食べることで喉が開…