ハネシタとは牛肉のザブトンという美しいサシと肉の旨みが高次元で両立している部位の別称

肩ロースは牛の背中側で首に近い部分。

このうち肩芯(別称 肩ロース芯)の下側、あばら骨近くに位置する部位だ。

親しみやすい名称の由来は切り出した形状が四角いところから来ているといわれる。

細かなサシが均一に入った芸術的ともいえる美しい見た目を裏切らず、味わいもまた絶品。

和牛らしい脂の甘みと繊細な香り、濃い旨みがすべて詰まっている。

ほかのロース部位に比べるとやや弾力を感じる歯ごたえだが、むしろそれが肉らしくて良いという向きもある。

焼肉で食すならば薄切りが適しているだろう。

塩やわさび醤油で食べるでも良し、タレもまた良しの万能選手である。

ザブトン(別称 ハネシタ)の特徴

肩ロースの下部であばら骨に近い部分
均一にびっしりと入った細かなサシ
脂の甘みと肉の旨みが両立

ザブトン(別称 ハネシタ)を楽天市場で探す

おすすめ記事

ももの森に隠れた色美人!友三角は焼肉の部位

肉の芸術というべきルックスと味わい 赤身の多いももの中で、最も多くのサシを有する最高部位「友三角」。 「内もも」中の「しんたま」の端にあり、扇を思わせる形とサシの模様が高…

焼肉界の名スターター!タン

秀逸な口当たりが次の肉を呼ぶ 「タン」は「最初の一皿」としておなじみ。 その理由は、強い旨みながらペロリと食べられる秀逸な口当たりにある。 最初にタンを食べることで喉が開…

どこを切っても同じ形!?ホテルで食べるヒレ肉の謎

高級部位のヒレ肉を食べる機会といえば思いつくのがホテルでの披露宴などではないだろうか。 コース料理のメインディッシュとしてうやうやしく登場する柔らかなフィレステーキがそれ…

ねっとり濃厚な肉の『貝柱』シビレ【牛焼肉ホルモンの部位】

溶けずに噛める『食べる脂身』 牛の胸腺と膵臓を指す稀少部位「シビレ」。 中でも仔牛のものは「リードヴォー」とも呼ばれ重宝されている。 その要素は、ほとんどが脂。 しかし、…

誰もが知るホルモンの代名詞!シマチョウ

上質脂のサラサラスープを一口で! 牛の大腸で、ピンクの皮に縞模様が入っているのが「シマチョウ」。 「テッチャン」の名でも有名で、一般的にホルモンというとこれを指すことが多…