ハネシタとは牛肉のザブトンという美しいサシと肉の旨みが高次元で両立している部位の別称

肩ロースは牛の背中側で首に近い部分。

このうち肩芯(別称 肩ロース芯)の下側、あばら骨近くに位置する部位だ。

親しみやすい名称の由来は切り出した形状が四角いところから来ているといわれる。

細かなサシが均一に入った芸術的ともいえる美しい見た目を裏切らず、味わいもまた絶品。

和牛らしい脂の甘みと繊細な香り、濃い旨みがすべて詰まっている。

ほかのロース部位に比べるとやや弾力を感じる歯ごたえだが、むしろそれが肉らしくて良いという向きもある。

焼肉で食すならば薄切りが適しているだろう。

塩やわさび醤油で食べるでも良し、タレもまた良しの万能選手である。

ザブトン(別称 ハネシタ)の特徴

肩ロースの下部であばら骨に近い部分
均一にびっしりと入った細かなサシ
脂の甘みと肉の旨みが両立

ザブトン(別称 ハネシタ)を楽天市場で探す

おすすめ記事

親しみやすいリブの御曹司!リブキャップ

霜降りなのに意外なほどスッキリ サシは入りやすいので細かさに注目。 全体的に濃いピンク色なら文句なしだ。 その名の通り、リブロースの上にカブる「帽子」のような部位。 リブ…

タテ目とはタテバラというこってりと脂がのった濃厚な味わいな部位の別称

あばら骨まわりの肉のうち体の外側半分(下半分)を外バラというが、その前方部分、つまり前脚寄りに位置する部位。 バラ肉らしく全体的にサシが入っているが、それに加えて一本の太…

どこを切っても同じ形!?ホテルで食べるヒレ肉の謎

高級部位のヒレ肉を食べる機会といえば思いつくのがホテルでの披露宴などではないだろうか。 コース料理のメインディッシュとしてうやうやしく登場する柔らかなフィレステーキがそれ…

ヘルシーな上品貴族!ヒレ

脂をそぎ落した極上の赤身を堪能! 背骨の内側に沿って左右1本ずつある細長い肉で、一頭から800g~1kgほどしか取れない最上級の部位。 豚肉の中で最高に柔らかいとされる肉…

トンビとはトウガラシという赤肉の旨味を凝縮したような味わいな部位の別称

かた(うで)の一部で肩甲骨の近く、ミスジの隣に位置する部位。 名前の由来は部位の形がトウガラシに似ているところから来ている。 サシがあまり入らない見た目からも分かる通り、…