牛スジファンに朗報!焼けるスジ肉!!ハラミスジ

焼くほどトロトロ!スジの旨みが増す

牛の横隔膜を形成するハラミとサガリ。

2つの部位を分けているスジのことを「ハラミスジ」という。

通常、牛スジといえば煮込みやシチュー用で焼肉には使わないが、この「ハラミスジ」は珍しく焼肉で食べることができる。

周囲の肉の旨みがたっぷり詰まったスジは焼き上がると同時に濃厚な香りを放つ。

食感はもちろんコリコリだが楽に噛み切れるほど柔らか。

旨みはハラミ特有の甘くてさっぱり系。

スジ好き、ハラミ好きなら一度は食べてほしい。

目利き

スジの部分は透明感のある白色、付帯する肉は美しいピンク色がよい。

おすすめの焼き方

中まで火を通して最高の食感をつくる。

火を通すことで、かたいスジの部分が柔らかくなり、旨みも増す。

スジまわりの脂がどんどん落ちるが気にせずに。

最終的には半分ほどのサイズになる。

さっぱりしているので醤油ダレで。

豆知識

5年に一度、『和牛のオリンピック』と呼ばれる全国規模の和牛の品評会「全国和牛能力共進会」が開かれる。

ハラミスジを楽天市場で探す

おすすめ記事

もう箸休めなんていわせない!センマイ

食べて仰天!プリプリ食感の虜に 怪獣のようにぬらぬら黒く、細かい突起で覆われた焼肉の異端児が、第3胃「センマイ」だ。 別名「雑巾」とも呼ばれるビジュアルと、ただただ食感を…

ヘレとはヒレというさっぱりとした赤身なのにふわりと柔らかな部位の別称

牛の腰の奥のほう、脊椎の下部に沿っている細長い部位。 ほとんど動かさない筋肉なので赤身なのに非常に柔らかく、クセがまったくないさっぱりとした味わいはこの部位ならではのもの…

陰からハラミを支える双子の兄!サガリ

より肉厚で甘い!最上級のハラミ ハラミと同じ横隔膜の一部で、腰側にあるほうを「サガリ」と呼ぶ。 ハラミと同じ塊のため、味や個性はとてもよく似ている。 あえて差を挙げるなら…

ウチヒラとはウチモモという脂肪が少なく柔らかな肉質の赤身な部位の別称

牛の後ろ脚の付け根の内側部分にあたる肉。 更に細かく「ウチモモカブリ」「コモモ」「オオモモ」の3つに分類することもある。 牛肉の部位としては最も脂肪分が少ないとされるヘル…

直球系の頼れる兄貴!ガツ

上ミノに相当するジューシーな旨み 牛と違って一つしかない豚の胃袋で、豚レバーと並んでモツ料理に欠かせない定番部位。 くさみが少なく淡泊な味わいなので、モツが苦手な人も食べ…