ウチヒラとはウチモモという脂肪が少なく柔らかな肉質の赤身な部位の別称

牛の後ろ脚の付け根の内側部分にあたる肉。

更に細かく「ウチモモカブリ」「コモモ」「オオモモ」の3つに分類することもある。

牛肉の部位としては最も脂肪分が少ないとされるヘルシーな赤身だ。

肉質は見た目の割には柔らかく、きめ細かいとまではいえないが筋ばった部分もあまりない。

クセのなさに加えて価格が手頃なこともあり、スライスしてしゃぶしゃぶやすき焼きに利用する他、ローストビーフ、サイコロステーキ、ビフカツ、煮込み料理など幅広い用途に使われる。

味わいは淡泊で赤身の弾力を感じさせる歯ごたえ。

焼肉ならばタレの力を借りて風味を補いつついただくのがお勧めだ。

ウチヒラ(ウチモモ)の特徴

後ろ脚の付け根の内側部分の総称
牛肉の中でもっとも脂肪分が少ない
赤身で筋は少ないがきめはやや短い

ウチヒラ(ウチモモ)を探す

おすすめ記事

噛むほどにハマる小悪魔!豚タン

牛より淡泊で柔らか上質な味がしみ出す 名前の通り豚の舌のこと。 牛と比べると小さく、長さは15cmほど。 脂が少なくあっさりしているのが特徴だ。 牛と同様に先端よりのど元…

官能的な脂で悩殺!ダイチョウ

脂の柔らかさと濃厚な甘みに驚嘆 豚のショウチョウと並んで「モツ」の代表格と名高い大腸の部位。 牛の大腸のことをテッチャンと呼ぶことから「豚テッチャン」の異名を持ち、開かず…

クリミとは肩サンカクという赤身と細かなサシとのバランスが絶妙な部位の別称

肩から前脚上部にかけての部位。 少し丸みを帯びた三角形をしているところから肩サンカクともクリミとも呼ばれる。 非常にきめの細かい肉質で、上質なものになると細かなサシ(食肉…

肉を愛した文化人「シャトーブリアン」

ヒレの最高級部位「シャトーブリアン」。 肉の名称にしてはなんとも高貴な響きだが、これは実在した人物に由来した名だといわれている。 その人物は、フランソワ=ルネ・ド・シャト…

焼肉店の本気が見える部位!ヤン

食感と旨みに酒が止まらない! なかなか希少なこの部位。 煮物などに使われる第3胃「ハチノス」の左右についているほんの少しの部位を指し、取れる量は1頭からわずか50g程度。…