ゲタとは中落ちというしっかりした噛み応えと脂の甘みが特徴な部位の別称

あばら骨の間の肉。

別称の「ゲタ」は、骨を抜いた跡の凸凹がゲタの歯のように見えるところから。

この歯の部分を切り出すと細長い棒状の肉になる。

肉質は粗くやや硬めだが、脂がしっかりと入りこむので適度な咀嚼でほぐれてくれる。

味わいは濃厚であり、肉を噛みしめる喜びとコクのある風味が味わえるのが特徴。

俗に「骨の周りの肉がいちばん美味い」などというが、まさしくそれを地でいく部位であり、焼肉には最適の部位だともいえる。

味付けはもちろんタレが合う。

じっくりと焼いて脂の甘みを引き出し、ライスと一緒にガッツリと食べるのがお勧め。

ゲタ(中落ち)の特徴

あばらの骨と骨の間にある肉
甘みのある脂と適度に噛み応えのある肉質
いわゆる「骨の近くの肉」らしい旨味がある

ゲタ(中落ち)を探す

おすすめ記事

カルビ界の雪の女王!三角バラ

旨みが詰まった、まさに肉汁のスープ カルビでも特に多くのサシが入る。 美しいピンク色は見るだけで幸せになれる。 特上カルビに分類されることもあるカルビの最高峰。 肩バラに…

豪腕の二刀流エース!なか肉

薄切りで感じるもも肉の極上の底力 もも肉のお尻に近い大きな赤身「外もも」の中で、外側に面している部分を「なか肉」という。 特徴は赤身と霜降りの2つの魅力を兼ね備えた二刀流…

実は結構まちまち!?ブランド牛の定義とは

「当店は〇〇牛を使用」などと謳われると間違いなく美味しいような気がしてしまうもの。 現在日本には150以上ものブランド牛があるといわれる。 ところが、その定義に関しては項…

コクと脂の奇跡のコラボ!テール

カルビにも劣らぬパンチの効いた旨み 「テールスープ」のイメージが強い牛のしっぽ「テール」だが、実は焼肉にも最適の部位だ。 輪切りのテールを見れば、骨を中心に肉の繊維と脂身…

親しみやすいリブの御曹司!リブキャップ

霜降りなのに意外なほどスッキリ サシは入りやすいので細かさに注目。 全体的に濃いピンク色なら文句なしだ。 その名の通り、リブロースの上にカブる「帽子」のような部位。 リブ…