直球系の頼れる兄貴!ガツ

上ミノに相当するジューシーな旨み

牛と違って一つしかない豚の胃袋で、豚レバーと並んでモツ料理に欠かせない定番部位。

くさみが少なく淡泊な味わいなので、モツが苦手な人も食べやすい。

肉厚なものほど鮮度がよく、弾力に富んで上質とされる。

牛でいうと「上ミノ」に相当するが、牛よりも脂が少なくヘルシーで、歯切れのいい適度な柔らかさを楽しめる。

クセがほとんどないので、味噌ダレなど濃厚な下味をつけなくても、十分にモツ本来のジューシーな旨みを堪能できる。

目利き

乳白色で肉厚のものが上質。

しっかり入った隠し包丁が柔らかさの決め手。

おすすめの焼き方

脂がジュワ~とあふれるまで放置に徹せよ!

片面ずつ時間をかけて焼くのがポイント。

ひっくり返してしばらく置き、脂があふれ出したらもうひと息。

外側に焦げ目がつけば食べごろだ。

淡泊な味わいにタレで旨みをプラスしよう。(おすすめのタレは醤油ダレ)

豆知識

日本で最初のジンギスカン専門店は、意外にも東京都杉並区の「成吉思(じんぎす)荘」(1936年創業、現在は閉店)。

おすすめ記事

男気あふれる豪快な風格!スペアリブ

骨付きならではのジューシーな赤身 骨付きのバラ肉を厚切りにしたもので、焼肉だけでなくバーベキューでも大活躍。 骨付き肉の最大の特徴は、肉が常にピンと骨に引っ張られていて縮…

【ホルモン】リードヴォーとはシビレという濃厚でミルキーな仔牛にしかない部位の別称

牛の胸腺で、仔牛にしかない珍しい部位。 フランス料理ではリードヴォーの名で重宝される食材だ。 脂肪をたっぷり含んだミルキーな味わいを最大限引き出すには外側はカリッと、中は…

食べればお金持ち!?シキンボー

噛むことで伝わる牛のポテンシャル 後ろ脚付け根周辺の「外もも」を形成する「シキンボー」「なか肉」「ハバキ」のうち、最も内側に位置する部位。 名前の由来はきれいに切り出せる…

ねっとり濃厚な肉の『貝柱』シビレ【牛焼肉ホルモンの部位】

溶けずに噛める『食べる脂身』 牛の胸腺と膵臓を指す稀少部位「シビレ」。 中でも仔牛のものは「リードヴォー」とも呼ばれ重宝されている。 その要素は、ほとんどが脂。 しかし、…

人気爆発の霜降りモンスター!豚トロ

とろける口当たりとさっぱり軽妙な後味 豚の首の部分にあたり、一頭から500gほどしか取れない比較的希少な部位。 まぐろのトロのように細かく入ったサシから「ピートロ」の異名…