自慢のふんわりヒップ!ランプ

赤身の中の赤身から肉のパワーをもらう

ポイントは赤身につやがあり、小豆色をしていること。
サシがあればなおいい。

赤身が集まるもも肉の中でナンバーワンの柔らかさを誇るのが、腰からお尻にかけて広がる大きな部位「ランプ」だ。

店によっては上ロースとして出されることもあるこの部位。

赤身本来の味が前面に出ていながらも、霜降りの豊潤な脂感も楽しめる。

スジがないため、噛んだ後に繊維が口の中に残ることもない。

焼肉の他にも、ガッツリとステーキにしたり、塊のままローストビーフにしたりと「これぞ牛肉!」といえる料理によく使われている。

おすすめの焼き方

ざっとあぶり、旨みを中に閉じ込める!

肉の本来の味を損なわないよう、焼きすぎは注意。

強火でささっとあぶり、両面に焼き目をつけるイメージで仕上げる。

中に閉じ込めた旨みに負けない醤油ダレがよい。

豆知識

焼肉をテーマにした映画が存在する。

その名も「The 焼肉ムービー プルコギ」。

主演は松田龍平&山田優。

おすすめ記事

豚モツ界の大黒柱!ハツ

肉厚でコリコリ!滋味深い定番モツ 牛の3分の1ほどしかない豚の心臓。 名前の由来は、心臓を意味する英語「hearts(ハーツ)」から。 豚モツの中では、他の部位に比べてク…

誰もが知るホルモンの代名詞!シマチョウ

上質脂のサラサラスープを一口で! 牛の大腸で、ピンクの皮に縞模様が入っているのが「シマチョウ」。 「テッチャン」の名でも有名で、一般的にホルモンというとこれを指すことが多…

チョウ軍団の若頭!ショウチョウ

旨みをとじ込める歯ざわり豊かな皮 豚の「ホルモン」「モツ」というと、一般的に小腸を指す。 歯ごたえのある食感で、噛むたびにとろっと旨みがあふれてくる。 大腸に比べて脂は多…

焼肉メニューの「ロース」ってどこの部位?

カルビと並ぶ焼肉屋の人気メニューである「ロース」だが、果たしてどの部位を指すのだろう? 実は少し前までその定義が曖昧だったためきちんと理解している人が少ないのだ。 この機…

雌豚の真骨頂!コブクロ

ユニークな見た目と弾力あふれる珍食感 豚の子宮で雌限定の部位。 柔らかくくさみの少ない若い豚の雌のものが使用される。 通常細長い筒状になっていて、食べやすいサイズにカット…