ツウをうならせるいぶし銀!シンシン

赤身の旨みこそ、大人の焼肉の醍醐味

内ももの一部である丸い肉「しんたま」。

そのさらに真ん中にある塊のことを、『しん(シン)たまの芯(シン)』という意味から「シンシン」と呼ぶ。

ハイレベルな柔らかさと赤身特有の旨みが詰まっており、ローストビーフにも使われることが多い。

その他の高級部位に比べると少し地味な存在ながら、多くの赤身好きから支持を集めている部位だ。

肉厚な赤身をゆっくり噛み切れば後味のよさから「上質」という言葉が浮かんでくるはず。

新鮮な場合はタタキもアリだ。

目利き

赤すぎず、全体にまんべんなくサシが見えるものが良質とされる。

おすすめの焼き方

軽くあぶって豊かなサシと脂を逃さない!

ローストビーフに使われるほどなので、焼きすぎは無用。

豊かなサシが溶けてハイスピードで火が通るので、表面に色をつけるだけで十分。

醤油ダレとともに濃厚な旨みを楽しんで。

豆知識

室町時代、肉の中でも獣肉は下等なもので、魚や鳥の肉がより上等なものと考えられていた。

おすすめ記事

【焼肉】牛の部位ブリスケは広島ではコウネという呼名が一般的

サンカクバラの下側で、ちょうど牛の両前脚の間にあたる部位。 肉質は硬く、サシはほとんど入らない。 ただし凝縮された赤身の滋味深い味わいがあり、噛めば噛むほど旨みが染み出て…

ウワミスジという部位は1頭からわずかしか取れない希少な赤身肉

ミスジという名称に似ているウワミスジ。 では、ウワミスジとミスジの違いは? ウワミスジは、ミスジの上部についている部位。 形状も似ていて、ミスジを縦半分に切ったような形だ…

焼肉界の気高きナイト!サーロイン

悶絶レベルの柔らかさに舌鼓 ランクの高い牛の場合、きめ細かくしっかりしたサシを確認することができる。 その肉質の素晴らしさから、イギリスのナイトの称号「サー」が与えられた…

脂スープのナイアガラ!ショウチョウ

あふれる脂をとことん堪能 牛の大腸であるシマチョウと人気を二分するホルモン界の雄が「ショウチョウ」。 シマチョウよりも脂肪分が多く、桁違いの量の脂を誇る。 熱々のホルモン…

クリミとは肩サンカクという赤身と細かなサシとのバランスが絶妙な部位の別称

肩から前脚上部にかけての部位。 少し丸みを帯びた三角形をしているところから肩サンカクともクリミとも呼ばれる。 非常にきめの細かい肉質で、上質なものになると細かなサシ(食肉…